消費者金融の賢い利用方法

消費者金融でおまとめローンを利用する時は?

投稿日:

貸金業法に基づくおまとめローンとはなんぞや??

消費者金融でおまとめローンでも人気の高いSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)を例にとって解説していきましょう。プロミスでは貸金業法に基づくおまとめローンというものがあります。

 

貸金業法に基づくおまとめローンとはなんぞや??


と思う方がほとんどだと思いますが、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は総量規制の対象業者ですから申込者に年収の1/3までしか貸すことができません。しかし、

 

顧客に一方的有利となる借換え要するにおまとめローン総量規制の例外になる


のでそれを適用する商品がプロミスの貸金業法に基づくおまとめローンになるわけなんです。

必ず貸金業法に基づくおまとめローンを適用品けらばならない事はない

おまとめローンとして利用したいからといって必ず貸金業法に基づくおまとめローンを適用品けらばならない事はありません。※まとめる金額の倍の金額年収の1/3を超えていなければ一般申し込みでも審査可能なのです。しかし、まとめる金額が

 

年収の1/3を超えている場合は必ず審査は通りません


ので貸金業法に基づくおまとめローンで申込まなければいけません。

※なぜまとめる金額の倍の金額?

総量規制では総量規制の対象業者は総量規制の除外の借入以外の借入の総額が年収の1/3を超えて貸すことができません。どういうことかというと例えば、

 

A社での借入60万とB社での借入50万をまとめたいとすると
60万+50万+110万(まとめる為の借入)=220万円
この220万円が借りる総額になり、これを借りるためには年収660万円が必要になります。


ですからこの公式で年収300万円の方が、プロミスなどの消費者金融で一般申込でおまとめできる金額は、

 

年収300万円÷2÷3=50万円



50万円までが一般申込で審査可能、それ以上は貸金業法に基づくおまとめローンでの申込ということになります。

一般申込と貸金業法に基づくおまとめローンの違い

おめとめする時の一般申込と貸金業法に基づくおまとめローンの違いはずばり、

 

追加融資が可能か不可かという違いです。


一般申込でまとめることができたのなら借入枠の範囲で追加で借入も可能になります。例えば、年収600万円で50万円の借入をまとめたいとすると、一般申込では合計200万円まで審査可能ですからこの場合合計100万になるのであと100万円余裕があるわけですよね?

そこで申込金額を100万円にして審査を通過した場合、50万円を借りて他の借入の返済に充ててもまだ50万円の借入枠の空きがあります。その範囲で追加の借入が可能になります。

貸金業法に基づくおまとめローンで申込んだ場合は顧客に一方的有利となる借換えを全うする為、他社借入額しか借りることができず、他社への振込みもプロミスが借入者の名前で振り込む形になりますので、

 

実質申込者の基にお金は入って来ないと言うシステムになります。


しかし、一般申込みの可能範囲の金額でも審査が可能かどうかだけであって、審査に通る金額では決してありませんので、まとめるのであればなるべく貸金業法に基づくおまとめローンで申込んで返済に集中するような形での借り換えが望ましいでしょう。

あなたにとって低金利なのはどの消費者金融?

とにかく今日中にお金を借りたい
アルバイト・パートで年収が少ないんだけどお金を借りたい
コンビにでカードレスで借りたい
借入額が大きくなった(複数借り入れてしまった)ので借り換えたい

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

-消費者金融の賢い利用方法

Copyright© あなたにとって低金利な消費者金融を選ぶポイント , 2019 All Rights Reserved.