「消費者金融の関わる法律」 一覧

no image

長年消費者金融に返済し続けていたら過払い金の請求ができるかも

グレーゾーンの金利で返済続けていたのなら過払い金請求も可能 過払い金とは貸金業者などに払いすぎた利息額のことです。利息制限法で定める上限金利を超えてお金を借りていた方は過払い金が発生している可能性があ ...

no image

貸金業法で定める指定信用情報機関制度

無担保融資で利用者の信用度合いを調査するのに必須の信用情報機関 消費者金融でお金を借りる場合、適用される規定には総量規制というものがあります。この制度が実施されることに伴って、指定信用情報機関制度とい ...

no image

カードローンの過払い金請求ができない場合

過払い金請求とは? 法律事務所のCMなどで、過払い金請求という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。カードローンを利用するにあたり、適用される金利は利息制限法という法律で定められて ...

no image

銀行の業務全般を規定する銀行法

銀行のカードローンは銀行法によって規制される キャッシングに関する法律には様々なものがありますが、総量規制以降貸付残高を伸ばしてきたのが、銀行カードローンです。 銀行法はその名の通り、主に銀行の運営に ...

no image

民法が定めるキャッシングの契約行為

消費者金融も関係ある民法とは? 消費者金融をはじめとするキャッシングに関する法律には、主に出資法や貸金業法がその根拠法として機能していますが、それと共に忘れてはならない法律があります。 そのひとつが民 ...

no image

配偶者貸付は専業主婦の為に設けられたが厳しい制度

今現在は国の方針で総量規制が実施されたため、 貸金業法で規制されるノンバンクからの個人の借り入れは年収の1/3までに規制されております。 そのため無収入の人は借り入れが出来なくなってしまいました。専業 ...

no image

消費者金融に大きく関わる貸金業法

貸金業法とは消費者禁輸など貸金業者の業務について定めた法律です。ヤミ金融などの悪質業者を取り締ることを目的に規制を強化し、さらにグレーゾーン金利(利息制限法の上限金利は超えるが出資法の上限金利には満た ...

no image

消費者金融からの借入での多重債務について考える

現在、消費者金融や銀行のカードローンの利用者数は約1,500万人と言われています。これはそれらが利用ができる20歳以上の約7人に1人が利用している計算になります。近年では自動契約機の設置台数の増加やW ...

no image

みなし弁済規定で貸付の正常化

消費者金融などで借り入れたお金を返済する際は、元本と合わせて所定の利息を支払う必要があります。借金の利息については、利息制限法や出資法といった法律で上限が規制されているため、本来であればその上限を超え ...

no image

過払い金を請求できるケースとは?

過払い金については本来、法律で決められている上限金利よりも高い金利で設定されていて、余計に貸手側に支払っている金額を指します。現在のキャッシングではまず起こらないと言われていますが、過去に利用している ...

Copyright© あなたにとって低金利な消費者金融を選ぶポイント , 2019 All Rights Reserved.