あなたにとって低金利なのはどの消費者金融?

金利の低さだけにこだわってもあなたにピッタリな低金利消費者金融(カードローン)は選べません。審査が通らない消費者金融(カードローン)に申込んでも無駄ですし、借りる金額帯によっても金利は違ってくるので選ぶ消費者金融(カードローン)も変わってくるのです。

審査にはその人の属性(正社員であるとかアルバイトであるとか)によっても変わってきますし、審査・申込可能な消費者金融(カードローン)の中で利息をシュミレーションして分かりやすく解説していますのであなたにピッタリな消費者金融(カードローン)が見付かるはずです。

とにかく今日中にお金を借りたい
アルバイト・パートで年収が少ないんだけどお金を借りたい
コンビにでカードレスで借りたい
借入額が大きくなった(複数借り入れてしまった)ので借り換えたい

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

当サイト申込順消費者金融一覧

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円
即日融資を狙うなら最高のカードローン

無利息に勝る低金利はありません。プロミスなら初回30日無利息サービス付(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)なので4ヶ月以内に完済する予定の借入なら現在最強ではないでしょうか。

三井住友銀行の保証会社も請け負っている老舗消費者金融ですから審査も幅広くしっかり調査するすべを持っています。消費者金融系でも実質年率~18.0%がほとんどの中、4.5~17.8%と低金利。このサイトを訪れた人の用途にほとんどナンバーワンで合致するカードローンです。急ぎの融資も即日融資(自動契約機と振込融資)で対応可能です。

さらに女性専用のレディースキャッシングも用意しており、融資条件も一般カードローン同じなので女性に人気を博しています。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年利 年3.0%~18.0%
借入可能額 最高800万円
知名度も高い最短即日融資可能カードローン

アコムも無利息サービス最大30日金利ゼロサービス(アコムの契約がはじめての方に限ります)で利息が圧縮されて早期返済すればかなり少ない利息になります。三菱UFJ銀行の保証会社も請け負っている老舗消費者金融ですから審査能力も高いのでパート・アルバイトでも安定収入があれば安心

急ぎの融資も即日融資(自動契約機と振込融資)で対応可能です。消費者金融唯一のクレジットカード『アコムマスターカード』もこの申し込みでOK。申込内容の確認の電話の際に『アコムマスターカードで』と伝えれば審査に通れば発行してくれます。

SMBCモビット

SMBCモビット

実質年利 年3.0%~18.0%
借入可能額 最高800万円
WEB完結で誰にも知られず申込む(正社員のみ)

SMBCモビットには無利息サービスはありませんがそれ以外ならその他の消費者金融に引けをとりません。即日融資※も即日振込と契約完了後にローン申込機で即日カード発行も可能です。

郵送物なし・電話連絡なしで申込める(正社員である事が条件)WEB完結も人気サービスになっています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

実質年利 年4.5%~18.0%
借入可能額 最高300万円
78歳まで高齢者(安定した収入が必要)でも申込める消費者金融

銀行の低金利カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 年利4.0%~14.5%
借入可能額 最高800万円
低金利カードローンの代表でメガバンクの安心感

目次

属性・目的別低金利消費者金融一覧

とにかく今日中にお金を借りたい

とにかく今日中にお金を借りたいのであれば審査の早い大手消費者金融がベストです。振込融資の可能時間も極力遅くまで受け付けています(平日14:00までに契約完了)し、最悪間に合わなかった時や現金がすぐに必要な時は自動契約機が全国に多数設置されていますので最寄の場所で即日カード発行する事も可能なところがポイントです。

またプロミスやSMBCモビットは、全銀システムの稼働時間拡大により、振込可能時間・曜日も拡大しており、

 

原則即時振込が実現しています。


※各金融機関の全銀システムの対応状況により異なります。

しかもプロミスやSMBCモビットでは、カードレスでセブン銀行にて借入できるサービスがありますので、カード発行しなくても即日融資を受ける事も可能となっていますので、他の消費者金融よりも2・3歩リードしています。

 

銀行は規制により、審査に最短でも二日以上掛かるようになり、即日融資が不可能になった為、『とにかく今日中にお金を借りたい』という時には向いていません。


無利息サービス(プロミス・アコム)のある今すぐ借りたい時の大手消費者金融三社

申込 実質年率 借入限度額 無利息サービス
プロミス 年4.5%~17.8% 最高500万円 ※1初回30日無利息サービス
プロミスレディースキャッシング 年4.5%~17.8% 最高500万円 ※1初回30日無利息サービス
アコム 年3.0%~18.0% 最高800万円 ※2最大30日ゼロ金利サービス
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最高800万円 なし

※スマホの方は表をスライドして閲覧してください。
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能
※2 アコムの契約がはじめての方に限ります

カードレスでコンビニで借りたい

これから主流になりつつある最新のサービスですが、

 

  • 即日融資の際もカードを発行する必要がなくスマホだけで借入可能なので便利
  • カードを忘れた際にもスマホを持っていればセブン銀行(セブンイレブン・イトーヨカードーなど)でキャッシング可能

などのメリットがあるので、他社を大きく引き離すサービスとなります。セブン銀行に限定されたサービスですが、実際セブンイレブンは日本一の店舗数を誇りますし、ショッピングモールにもATMが設置されているので、ATMを探すのに困ることはありません。

カードレスでコンビニで借りれるサービスのある低金利消費者金融

申込 実質年率 借入限度額 サービス名 利用可能金融機関
プロミス 年4.5%~17.8% 最高500万円 アプリローン セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)
プロミスレディースキャッシング 年4.5%~17.8% 最高500万円 アプリローン セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最高800万円 スマホATM取引 セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)

※スマホの方は表をスライドして閲覧してください。

アルバイト・パートで年収が少ないんだけどお金を借りたい

アルバイト・パートでの方は安定収入があれば消費者金融(カードローン)に申込めます。年収が少ないので借入枠は小額にはなってしまいますが、年収が少なくてもしっかり審査してもらえるかどうかが実際にはポイントになってきます。

銀行カードローンは低金利ですが、金融庁の銀行カードローンの規制により、

 

審査基準と既存借入の確認の見直しを指導され、審査がかなり厳しくなっています。


ですので、年収が低く審査には厳しいパート・アルバイトの方には、銀行の保証会社も担う大手二社と元銀行の保証会社の一社がベストな審査能力となります。

アルバイト・パートでもしっかり審査してくれる審査能力のある大手消費者金融

申込 実質年率 借入限度額 保証業務 無利息サービス
プロミス 年4.5%~17.8% 最高500万円 三井住友銀行カードローンや他の複数の銀行 ※1初回30日無利息サービス
プロミスレディースキャッシング 年4.5%~17.8% 最高500万円 三井住友銀行カードローンや他の複数の銀行 ※1初回30日無利息サービス
アコム 年3.0%~18.0% 最高800万円 三菱UFJ銀行カードローンや他の複数の銀行 ※2最大30日ゼロ金利サービス
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最高800万円 元銀行の保証会社 なし

※スマホの方は表をスライドして閲覧してください。
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能
※2 アコムの契約がはじめての方に限ります

借入額が大きくなった(複数借り入れてしまった)ので借り換えたい

借り換えという面でも、銀行カードローンは金融庁の規制以降、弱い立場におかれることになりました。そもそも銀行カードローンの規制の原因の大部分は、

 

銀行カードローンによるおまとめローン・借り換えでの貸し過ぎにあるのです。


借り過ぎている債務者に対して、借り換える事によって更に借入枠を与えてしまう銀行カードローンは、自己破産の原因とみなされての金融庁の銀行カードローンの規制なので、まず借り換えから規制されました。

 

ですので最近では、銀行カードローンのおまとめローンや借り換えのCMや広告などを見掛けませんよね?


そうなんです。現在では金融庁からの指導で銀行が自主的に規制していたり、借り換えのローン商品を廃止してしまったりしているのです。

更に規制が進んで、銀行カードローンで今まで疎かになっていた既存借入の確認をしっかり義務付けられたり、審査基準を上げたりされているので、既存借入ありでの銀行カードローンの審査は非常に厳しいものとなります。

 

なので借り換えは低金利消費者金融のカードローンの役割となっています。


借り換え額が大きくなってしまうと、消費者金融などの貸金業者では総量規制に抵触する(既存借入額+借り換え用に借り入れる金額が年収の1/3を超えてしまう)事になってしまいますが、

 

総量規制の例外規定により、おまとめローン専用商品がある場合は総量規制の範囲を超えて借り換えが可能になっています。


総量規制では、『顧客に一方的有利な借り換え』は総量規制の対象外となるという例外規定があります。その条件に沿ったおまとめローン商品が、総量規制の例外適用となり、総量規制の範囲を超えて借り換えが可能なのです。

また、複数借入がある場合は一つにまとめることによって借入額が大きくなり、適用される金利が低くなりますので、消費者金融で借り換えるのが心配な方でも安心して借り換えが可能になります。

総量規制の例外適用の借り換え商品がある低金利消費者金融

申込 借り換え商品名 実質年率 借入限度額
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 年4.5%~17.8% 300万円まで
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 年7.7%~18.0% 1万円~300万円

注意

プロミスの『貸金業法に基づくおまとめローン』、アコムの『貸金業法に基づく借換え専用ローン』には専用ネット申込実がないので、ネット申込後に電話連絡して『貸金業法に基づくおまとめローン』若しくは『貸金業法に基づく借換え専用ローン』の適用を確認する必要があります。

専業主婦で収入がないんだけどお金を借りたい

 

消費者金融では収入のない専業主婦は申し込み時点で門前払いです。総量規制で年収のない専業主婦へは消費者金融は貸すことが出来ません。


そうなると総量規制対象外の銀行カードローンしかないのですが、

 

これも金融庁の銀行カードローンの規制で軒並み申し込めなくなりました。


専業主婦でも家族に内緒で申込めるカードローンはあるのか?

専業主婦とは配偶者の収入で暮らす収入のない主婦のことですから、総量規制で年収によって借入額を制限されている消費者金融を含む貸金業者では申込む事はできません。

元々、キャッシングやカードローンの利用によって自己破産に陥る人を増やさないために総量規制という仕組みが用意されていました。

 

これは年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはいけないという貸金業者に課せられたルールです。


しかしこの総量規制の対象となるのは消費者金融業者だけで、実はこれまで銀行による貸し付けは例外となっていました。消費者金融のカードローンも銀行のカードローンもほとんど同じものであるにも関わらず、銀行カードローンだけが規制されていなかったために当然のことながら利用者は銀行カードローンに集中するようになりました。

その結果減少傾向にあった自己破産者の数も再び増加に転じてしまいその大きな原因の一つとして銀行カードローンが強く問題視されるようになり現在、銀行カードローンには金融庁などの目が厳しく注がれています。

銀行カードローンにはかつては自身に収入のない専業主婦であっても利用できる方法が用意されていましたが、これも収入のない人に貸し付けをしてはならないというルールが厳格化され、

 

現在では明確に禁止とはされていないものの実質専業主婦申込不可能になっています。


他にも年収の二分の一までに貸し出す額を抑えるという総量規制に似た自主規制もほとんどの銀行で行われるようになっていますので、

 

銀行カードローンの審査にすら通りづらい状況まで追い込まれています。


また以前は頻繁に放送されていた銀行カードローンのCMも今では見られなくなりました。銀行カードローンのCMではその日のうちにお金を借りられる即日融資を積極的にアピールするものも多かったのですが、即日融資は2018年の1月を境に完全に停止されました。

金融庁は手早く融資を促す即日融資も自己破産者増加の要因と見ており、反社会勢力への資金が流れないようにということの名目で、

 

銀行カードローンの審査の際に警察庁のデータベースに接続してチェックすることを義務付けて、ここで審査日数が掛かる事によって即日融資を廃止に追い込んだのです。


これはより時間をかけて厳格に利用者の収入調査を行うためでもあり、この調査期間の強化によって専業主婦が銀行カードローンを使うための方法の一つであった、配偶者の名前だけを借りて手続きをするという道もなくなったことになります。

 

従って今現在、専業主婦が銀行カードローンを利用するには配偶者とよく話し合い、あくまで収入のある配偶者本人の意思によって利用してもらうしかないということになります。


こいう事から消費者金融、特に大手消費者金融の利便性がスポットライトを浴びています。

専業主婦が消費者金融等の貸金業者から借りる事のできる配偶者貸付には注意が必要

現在個人が金融業者からお金を借り入れる場合、貸金業法による総量規制によって借り入れできる総額が年収の三分の一までという制限が掛かっています。

借り入れはあくまで個人の名義で契約されるものなので、専業主婦の場合本人の年収は0として扱われます。収入が0なら当然お金を借りることはできなくなります。

 

クレジットカードのキャッシング枠が突然0になって戸惑った方も多いのではないでしょうか?


収入のない主婦、主夫の方がお金を借りるのは非常に難しくなったわけですが、総量規制には例外があります。

 

それが、配偶者貸付という制度です。


これは要するに夫婦の収入をひとまとめにして一つの年収としてみなしましょうという制度で、

 

夫婦一組で年収の三分の一まで借り入れが可能になります。


夫の年収が300万、妻の年収が0であれば夫婦あわせて100万まで借り入れできるということになります。この場合、配偶者である夫の年収も借り入れの基準になりますから、夫の収入が安定していることに加え、

 

まず二人が婚姻関係にあることの証明書、夫の同意書も必要になります。


ですから、内緒でちょっと借りよう・・・なんてことはできないですね。さらに金融業者にとっても、必要書類や確認事項が増える割にはさほど業績があがらないため

 

実際には配偶者貸付を扱わないので消費者金融では専業主婦はお金を借りることができないのです。


扱っているところごくごく僅かです。つまり配偶者貸付は制度として存在してはいるものの、貸す側借りる側双方にとってあまりメリットのある制度ではないため実用性は低くなっています。

注意

ベルーナノーティスはこの配偶者貸付を利用して専業主婦が申込める貴重な消費者金融です。しかし注意しなくてはいけないのが、

  • 婚姻関係の証明書(住民票)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 同意書(ベルーナノーティス作成の書類)

が必ず必要となり、旦那さん(収入のある配偶者)に内緒では申込めないという事です。申込む際は必ず旦那さん(収入のある配偶者)の了承を得て申込むようにしてください。

消費者金融の利息において金利の日割計算がメリットが大きい理由

業者からお金を借りると、返済時には利息も支払う必要がありますが、利息の計算の仕方には日割と月割があります。

 

日割と月割ってどうなんだろう?


しかし、ほとんどの金融業者ではキャッシングの際に発生する利息は、日割計算となっているのが普通です。例えば日割計算の場合は、借りた日数分の利息のみをプラスして返済すれば良いのですが、月割計算の場合はそうはいきません。

日割計算のメリットはとてもシンプル

最小単位がひと月となるため、

 

例えば、40日間借りて返済した場合も利息は40日分ではなく2ヶ月分発生する事になります。


その為、お金を借りている立場からすると月割よりも日割の方が利息を抑える事が出来るためメリットが高いと言えるでしょう。業者側にとっては月割の方がメリットが高い様に思えますが、

 

利息を月割計算にしてしまうと法律で定められた上限よりも高くなってしまう事が多い為、日割計算を採用しているのです。


ここで具体的な利息の日割計算の仕方について見ていきましょう。

日割計算の方法とは?

まず利息の計算式は利息=利用残高×実質年率÷365日×利用日数となり、もしも50万円を実質年率18%で42日間利用した場合は次のようになります。

 

50万×0.18÷365×42=10356.164となり利息は42日間分で1万365円となる訳です。


しかし、もしもこれが月割の場合は、1ヶ月に掛かる利息が7.500円となり42日間で2ヶ月分として計上されますから15000円も利息が発生してしまいます。

日割計算との差額は4635円にもなるのですから、やはり日割計算の方が消費者にとってはメリットが高い事が分かるでしょう。

低金利消費者金融・賢く選択!

お金を借りるならどこがいいか。お金を借りる場所は色々とありますから、借りる場所には色々と悩むところです。

消費者金融は金利が高いというのは間違った認識

消費者金融は金利が高いというのは間違った認識ですが、低金利でお金を借りるなら最近は消費者金融業者も選択肢に入れるべきと思います。

お金を借りるにあたり「消費者金融なんていやだ!」という方も勿論まだまだおられると思いますし、少なくはないとも思いますが、お金を借りるにあたり消費者金融業者も最近は非常に好条件の商品が多く、返済負担も軽減できる金利も低めの商品が多いので、お金の要り用の際には、消費者金融業者での借入もお勧めです。

又、消費者金融でお金を借りる場合、商品により「無利息期間」を設けている商品もありますので、無利息期間中に借入、返済が出来れば当然無駄な「金利」の支払いもなくお金を借りられますので、お金が必要で尚且つすぐに返せるようなお金の借入には、消費者金融の低金利成らず無利息の商品の利用も十分利用価値の高いものになると思います。

金利に関してもカードローンで長期返済していく予定の方は少ない(長期なら目的ローンのほうが金利が低いので)でしょうから短期返済での利息で比較してみると、

 

20万円借りて元金に対して5万円ずつ返済して4ヶ月で完済した場合の利息は


業者 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 4ヶ月目の利息 利息合計
プロミス 無利息サービスでなし およそ2,195円 およそ1,463円 およそ732円 およそ4,389円
アコム 無利息サービスでなし およそ2,220円 およそ1,479円 およそ740円 およそ4,438円
イオン銀行カードローンBIG およそ2,268円 およそ1,701円 およそ1,134円 およそ567円 およそ5,671円
みずほMy Wing およそ2,301円 およそ1,726円 およそ1,151円 およそ575円 およそ5,753円
三井住友銀行カードローン およそ2,384円 およそ1,788円 およそ1,192円 およそ596円 およそ5,959円
三菱東京UFJ銀行カードローン およそ2,400円 およそ1,800円 およそ1,200円 およそ600円 およそ6,000円
セブン銀行カードローン およそ2,466円 およそ1,849円 およそ1,233円 およそ616円 およそ6,164円
SMBCモビット およそ2,959円 およそ2,219円 およそ1,479円 およそ740円 およそ7,397円
じぶん銀行カードローン およそ2,926円 およそ2,195円 およそ1,463円 およそ732円 およそ7,315円
オリックス銀行カードローン およそ2,926円 およそ2,195円 およそ1,463円 およそ732円 およそ7,315円
みずほ銀行カードローン およそ2301円 およそ1,726円 およそ1,151円 およそ575円 およそ5,753円
りそなプレミアムカードローン およそ2,051円 およそ1,538円 およそ1,025円 およそ513円 およそ5,127円

※スマホの方は表をスライドして閲覧してください。

 

と、早期返済すれば消費者金融の方が利息が低くなる場合もあるのです!


大体色々な金融商品をみてもわかるように、最近は総量規制や法改正に伴い殆どの金融商品の金利が低めになり低金利競争をしている状態です。消費者金融も然り、銀行やクレジット会社いずれも大体似たような金利で低金利商品を提供している事が多い。

勿論最低金利の方を重視する場合、

 

銀行等が一番金利が低いな‥・


と思えるところですが、銀行商品のフリーローン等をみると最高金利は15%前後で扱う商品も多いので、それなら大手消費者金融なら無利息サービスと合わせるとさほど大差はない事になります。

消費者金融を選ぶのはやはりスピード融資に優れているから

尚且つ消費者金融業者の強みは、

  • 無利息商品もある・・・事実利息なしにお金を借りることだってできるわけですから、金利○%も関係なくお金を借りる事が出来ます。
  • 即日融資のサービスが整っている・・・手持ちの口座へ即日振込可能や即日カード発行できるよう全国に多数の自動契約機を持っている

お金を借りる場というものは、非常に最近は増えておりますが、こうした以前は高金利で返済が大変だった消費者金融業者での借入も随分と様変わりして、非常に借りやすく、返済も軽減されていますので、マイカーローン等の入用でお金を借りたいという場合は、無利息での借入れも可能となる消費者金融業者での借入をお勧めします。

ただし、金融業者は意外に多いので、やはり賢くお金を借りるためにも紹介サイト等もしっかりとチェックし賢い選択になるよう色々な情報を確認する事がお勧めです。

消費者金融を利用していると住宅ローンが受けられないの?

消費者金融は銀行カードローンが縮小に向かっている現在では貴重なカードローンとして注目されていますが、少し変わった噂として、『消費者金融を利用したことがあると住宅ローンを利用できない?』というものがあります。

そのため、これから住宅ローンを利用しようと考えている人は貸金業者からお金を借りることを控えようとするケースもあります。

まず結論からいくと、この噂はあくまでも『噂』のレベルであり、現実問題として『消費者金融を利用している』ということがそのまま住宅ローンの審査に通らないという理由にはなりません。つまり、

 

過去に消費者金融でお金を借りたことがあったとしても住宅ローンを利用することは可能ということになります。


ではなぜこんな噂が出回ったのかといえば、もともと消費者金融を利用しなければならないという背景には、銀行や信販会社からお金を借りることができなかったためにそうしたところに申し込んでお金を借りていた、というケースがほとんどでした。

そのため、消費者金融を利用する段階で既に銀行から融資を受けることが難しいような状況になっていた人が多かったのです。そうなると、当然住宅ローンを利用することはほぼ不可能に近いため消費者金融を利用していれば住宅ローンが利用できない、といった噂が出てきたといえます。

とはいえ、最近では消費者金融そのもののイメージもかなり変わっています。消費者金融業者の多くは大手都市銀行のグループ企業となっており、金融業界全体を取り巻く環境もかつてとは比べものにはなりません。そのため、

 

消費者金融を利用しているからそれを理由に住宅ローンが利用できない


ということも基本的にはありません。ただし、それはあくまでも消費者金融の利用に問題がなかった場合の話です。たとえば、

 

消費者金融でお金を借りてその分の返済に滞納がある等の問題があった場合


には、当然ながら住宅ローンの審査に影響を及ぼします。もちろん収入面など自身の現状によっては住宅ローンが利用できないケースもありますので、こうした点も十分確認しておきましょう。

低金利な消費者金融に申込んだ方の体験談

アコムのアルバイトキャッシングで引越し費用捻出

 

私の友達は、最近引越しをしました。引越しをするというのも、かなりお金が掛かってしまってみたいだと話をしていたのです。引越しをすると、引越し業者などだけでなく、敷金や礼金なども必要になってくるのです。だから、引越しもそう何度もできないものだなと感じてしまいました。

中には、アコムはアルバイトをしていても利用ができるので、ローンで引越しをするような人もいるそうです。なので、私も引越ししなければならなくなったので、低金利なカードローンを検討しました。

思った以上に出費はもう、ローンなどでしかどうしようもありません。アルバイトでも審査を受けてくれそうなのは大手の消費者金融で、アコムなら低金利で良さそうだと思い申込みました。

無事審査も通り引越しも済んだので、あとは頑張ってあるバイトをして、少しでも返済をしていけるようになれればいいなと感じています。ローンの中でも、やはり色々と利用などでも違いがあると思います。

引越し費用の場合は、仕方がないような事もあると思います。なので、ローンを組んで、引越しをするというのも仕方がないような事なのかなと思っています。敷金と礼金がやはり大変だなと思います。


アルバイトで小額の借入枠でプロミスの審査に通りました

 

プロミスの審査に通る為の注意点は安定した収入を得ているかどうかです。収入が比較的少ないアルバイトやパートでも収入が安定していればお申し込みすることが出来ます。

しかし貸金業者は総量規制がありますので、収入の多い正社員より借入枠は低めになることが多いです。専業主婦や無職の収入のない方はお申し込みはできなくなっています。

収入のない方はまずはアルバイトやパートでも良いので安定した収入を得ておき、それでもお金が足りない時にプロミスの審査を受けるようにされると良いですよ。

プロミスではインターネットでお申し込みすると自動審査が行われ、すぐに画面上に契約可能額が表示されます。この段階で落ちてしまったら、プロミスの審査に通る可能性は低いです。

私の場合はアルバイトで年収換算100万円程ですが、30万円の借入枠を貰いました。それでもバイト代も少ないので、注意して借りるようにしてます。


ピンチの月には無利息サービスのあるプロミス

 

以前AMAZONプライムを使っていました。このサービスは加入していると、お急ぎ便が使えたり、指定した日に配達してくれたりとなかなか便利な機能です。初めて使ったときは30日無料だったので、取りあえず加入してみました。

加入期間は約1年で年会費は税込みで3900円で、他の利用料金と一緒にクレジットカード払いで払っていました。加入している時は、月に数回AMAZONで買い物をする私にとっては、結構便利なサービスだなと思っていました。

ただ、よく考えると、お急ぎ便で毎回頼んでいましたが、そこまで急ぐ商品も注文していない事に気づきました。基本的に衝動買いはしないですし、急ぎの商品はネットで買うことは少ないです。そうした事から、わざわざ年会費を払ってまで使う意味がないと判断し、去年の終わりに退会しました。

現在も同じようなペースでAMZONで買い物をしていますが、特に苦になることはありません。たかが3900円かもしれませんが、自分に必要のないサービスにはやや高いと思います。同じく多重債務の場合も云えることですがおまとめにすると利息も軽減されるので面倒と思わない事です。

しかし、あまりにも便利だったのでAMAZONでの買い物が過ぎたようです。生活費にも困ってきたので、来月までなんとか頑張れるように無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)のあるプロミスで借りました。


Copyright© あなたにとって低金利な消費者金融を選ぶポイント , 2019 All Rights Reserved.